夜勤専従看護師

ホスピスってどう思う??最近増えているけど、どうかな??

ホスピスというのは、治療目的で入院生活を送るのではなく、最期の時を過ごす為の場です。
一般の病院でも、緩和ケアの病棟があるところがありますが、ホスピスは緩和ケアを中心としたケアが行われている為、
病気に対する治療は行っていません。
つまり、ホスピスに入ると言う事は、治療の見込みがない、という事を受け入れる必要があります。
私は、ホスピスで看護師をしていますが、患者さんの残された時間を、自分らしく、そして家族と楽しく過ごしたり、
有意義に過ごしてもらうように支援をしています。

 

でも、ホスピスに入院している患者さんの気持ちは複雑です。
患者さんは死を目前にしている訳ですから、自分の最期が近づく事の不安、それに抱えている家族の事など、
自分で選択したとは言え気持ちは日々変わります。
私達はそのような患者さんの気持ちの変化も理解して、患者さんにあった心のケアをしていく必要があるので、とても難しいです。
患者さんの不安な気持ちや苦痛を少しでも和らげてあげる為には、看護師としての知識や経験が必要になります。

 

ホスピスでの仕事は、患者さんばかりではなく、そのご家族との関わりも大切です。
大切な家族に先立たれてしまうのは、とても悲しくて辛い事です。
看護師の私達は、そのようなご家族を支えて上げる事も大切な仕事です。
一般の病院で働くのとは違い、ホスピスというのはかなりシビアな職場です。
私達医療者側の、ちょっとした言動や行動が、患者さんやご家族に不安を与えてしまう可能性もある為、
精神的に常に緊張を強いられる職場です。
でも、その分とてもやりがいのある仕事ですし、看護師としての知識と経験を活かす事ができる職場です。
大変な仕事ですが、人間として成長できる職場でもあります。